今日も明日も親父も野球:第十五話「お客さん待遇、終了」

前節でも記したように、兄が船橋シニアに通う頃から、練習の見学やボール拾いなどでグランドに入れてもらい

 

“シニアは厳しいけど、愉快な場所”

 

そう考えていた。

 

正式に入部して、早々にイメージは崩された。いや、壊された。

 

届くはずがないノックの打球にドロドロになって飛びつき、グランドのどこかで誰かが泣いていて…誰かが走らされていて…誰かが叩かれていて…誰かが何かのために一発芸をしていて…

 

 

何なんだここは…。

小学6年の俺には刺激が強すぎた。

 

まだあまり練習に入れて貰えずグランドの脇で基礎練習をする日々だったが自分の練習をしている時も

 

“俺も中学になったらあの練習をやるのか…やれんのか!?”

 

そう考えるだけで土日が恐怖に変わっていった。

 

たまに同じ年の小学6年の選手が体験にきたりすると、一緒にバッティング練習をさせてもらえたり、ピッチング練習をさせてもらえたり、一緒に”楽しい”思いをさせて貰えた。

 

だがそれは、まやかしだ。

 

体験の選手達は帰りの時に、監督やコーチが食べるお茶菓子をポケットいっぱいに入れてもらい、感想を聞かれると…

 

「楽しかったです!」

「硬球も打ってみると面白かったです!」

 

なんて言っているのを聞いてると

 

本当のシニアを知らない…君は知らない…

 

と内心で思っていたけど、このキツすぎる日々を共に乗り越えていく戦友が必要だったから

 

「シニアで一緒にやろうな‼︎」

 

なんて声をかけてお別れをしていた…

 

中学生に上がると共に、集まった戦友は何名になるのか!?

 

続く。